サンズ・マカオで遊ぶ!

マカオのホテル・サンズ・マカオはマカオのカジノ業界の中でも、エポックメイキング的な役割を果たした施設といわれています。2004年にオープンしたのですが、ラスベガス資本のカジノホテルはマカオではこれが初めてでした。マカオフェリーターミナルの近くにあって、アクセスには何の問題もありません。高級ホテルのたたずまいもあって、2012年には年間で600万人もの人が訪れたといいます。

サンズ・マカオはカジノ棟とホテル棟が分離した構成です。カジノは一般エリアとVIP専用のエリアに分けられています。カジノのフロア面積は約23000平方メートルで、ゲーミングテーブルが269台、スロットマシンをはじめとした電子カジノ機が1086台設定されています。いろいろな種類のゲームが楽しめますが、その中でも高い人気を占めるのがバカラです。続いてアジアならではのゲームである大小が人気で、ゲーミングテーブルの中でこの2つが大半を占めます。

カジノ棟は、カジノフロアが吹き抜けになっていて、フロアとぐるりと取り囲むような形で飲食施設があります。ゲームしすぎて疲れたとき、なかなか勝てなくなったときに気晴らしに利用するのはいかがですか?1階と3階に飲食店があって、3階は落ち着いた食事が楽しめます。一方1階のお店はカジュアルなスタイルが中心で、マクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンのような日本でもおなじみのファストフードショップもいくつかみられます。